今なら「古物市場で使う用語集」と「ネットでは探せない市場リストの入手方法」特別PDFレポート≠無料プレゼントいたします。

お名前
メールアドレス

2007年06月27日

競り以外での古物商許可書も使い方

こんにちわ。


この特別ブログレポートの著者・現役古物商の山口です。

ご閲覧していただき、ありがとうございました。


このレポートでは一般の人がまだ知らない
古物商についてのアレコレを貴方だけにお伝えします。



古物商の営業の定義は


▼古物を自ら又は他人の委託を受けて、
 売買又は交換をする営業

▼古物商間での古物の売買又は古物の交換のための
 市場を経営する営業

▼古物の売買をしようとする者のあっせんを競りの
 方法により行う営業


貴方はどれに該当しますか??

判りませんよねぇ〜




答えは・・・・



古物商許可書を取得すれば全部、可能です!


基本的には競りで仕入れたり、不用品を引き取ったりして
それを各種オークションサイトで販売する事になります。


その他の使い方も出来ます。


身分証明書?

確かに半分は正解ですが・・・・



今日は感謝の気持ちを込めて特別な使い方を
お教えします。


閉店の店を見つけたら
「片付けを手伝います!無料処分します!」って言ってみて下さい。


普通ならケムたがられます。


しかし、
古物商許可書があれば、すんなりと受け入れられることが多いです。



どのみち捨てる品でも、処分にはお金が掛かります。

資格を持ってる人が現れて、無料処分するとなったら・・・・




それで何度も大量仕入れに成功してます。


他にもいろいろと応用が利きます。



これだけ使えるということは
やはり、美味しい資格となります。


沢山の方から取得方法のアドバイスの相談を受けます。


その膨大な指導経験を
PDFファイルにまとめました。

さらに、音声解説もついてます。


これで取得できない人はいないでしょう(断言)

取得して、競りに参加するようになれば
先行きは非常に明るいでしょう。




この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
「読者さんが儲けてWIN-WINになること」です。




最後までお読み頂きありがとうございました!
posted by 山口裕一郎 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 古物商許可書の取得について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46068483

この記事へのトラックバック

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-07-01 02:58

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。