今なら「古物市場で使う用語集」と「ネットでは探せない市場リストの入手方法」特別PDFレポート≠無料プレゼントいたします。

お名前
メールアドレス

2007年11月12日

古物商許可証のの基本

許可を受けるには、種別ごとに許可申請書
関係書類を添えて営業所の所在地を管轄する
警察署に提出します。

☆質屋許可申請の際の添付書類

・申請者(法人の場合は役員)の略歴書及び住民票の写し

・法人の場合は、定款及び登記簿の謄本

・質物保管設備の構造概要書及び平面図

・管理者を選任する場合は、管理者の略歴書及び住民票の写し


☆古物商許可申請の際の添付書類

・申請者(法人の場合は役員)の略歴書、住民票の写し、
 身分証明書、登記事項証明書及び誓約書 ・

・法人の場合は、定款及び登記簿の謄本

・管理者の略歴書及び住民票の写し

基本書類は、

申請書
代表者一覧表
管理者一覧表
URLの登録書

が必要です。
店と支店があるような場合は、
本店と支店でひとりづつ管理者が必要です。
posted by 山口裕一郎 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 古物商許可書の取得について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。