今なら「古物市場で使う用語集」と「ネットでは探せない市場リストの入手方法」特別PDFレポート≠無料プレゼントいたします。

お名前
メールアドレス

2007年11月12日

古物商許可証が必要になる場合

古物商許可とは?

古物を売買したり、代行販売したり、交換したりするために
必ず必要になる許可証のことです。

自分の持っている物を売るだけや、
自分が売った物をその人から買い戻すだけなら
この許可は必要ないのです。

この場合、個人売買となります。


業務として買取や販売を行なう場合、
これを怠って古物を売買したときは、
3年以下の懲役または100万円以下の罰金が課せられます。

ですが、個人がフリーマーケットやオークションに出品したり、
自分の持ち物を処分する目的であれば、
この古物許可は必要がありません。

もちろん古物市場の競りに行く時は
この許可証が必要になります。

オークションで多数の商品を扱う場合、
特定商取引法に関する法律に基づく表示が
必要になります。
posted by 山口裕一郎 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/66154410

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。