今なら「古物市場で使う用語集」と「ネットでは探せない市場リストの入手方法」特別PDFレポート≠無料プレゼントいたします。

お名前
メールアドレス

2008年01月18日

どれくらいで古物商申請の許可が出るの?

上手く行けば、しばらくすると警察からの許可は、
営業所を管轄する公安委員会から取得することになります。

新たに古物商として営業を始める人は、
営業所の所在地を管轄する警察署の
防犯係もしくは生活安全課などに許可申請をして、
公安委員会の許可を受けます。

書類・添付書類が問題なく揃っている場合は、
申請をしてからおよそ40日ほどで許可が下ります。

許可が取れたら営業を開始できるのですが、
古物営業者には記帳の義務や
通報義務などが課せられています。

それを怠ると6ヶ月以下の懲役または
30万円以下の罰金になるらしいです。

営業するために必要な許可なので、
6か月以上営業しない場合は、
許可証を返納しなければなりませんので注意してください。

しかし、
多数の古物商の仲間がいますが、
そのような方は知りません。


ちなみに、許可取得後、申請時に届出た内容と
変更が生じた場合は、届出が必要です。

普通に営業活動をしていれば問題ないといえます。
posted by 山口裕一郎 at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 古物商許可書の取得について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。