今なら「古物市場で使う用語集」と「ネットでは探せない市場リストの入手方法」特別PDFレポート≠無料プレゼントいたします。

お名前
メールアドレス

2008年01月18日

古物商の許可から営業開始について

申請をしたら、警察から許可が下りるまで
約1ヶ月半ほどかかります。(地域差あり)

交付のときは警察から呼び出しがあり、許可が下りたときに
もらえるものが、許可を受けられた時に購入するのは次の通りです。

※自分で問い合わせる場合もある。


★HPやチラシに、○○県公安委員会許可
 第△△△号と記入するための許可番号

★許可番号と自身の住所氏名が記載された
 買い取り時や販売時には、必ず携帯しなくてはならない
 古物営業の許可証(通称 古物免許)

★「事務機商」「書籍商」のような称号と、
 許可番号が記入された、アルミプレートや樹脂の古物営業標識
 (営業所・販売所があれば、見やすい位置に掲示する)

★古物営業で特に注意する点などを記載した、古物営業のしおり

等です。

そして、古物防犯協会に入会をしておいたほうが
得策だという話もあります。


これで申請〜営業までの手続き完了です。


いよいよ営業開始です!


自身のホームページで商品の販売を行う場合は、

「○○県公安委員会許可 第△△△号」の記述

代表者(あなた)の氏名・住所を
特定商取引法表記の一部として載せておくといいと思います。

これを明記する事により信頼に繋がりますからね〜


オークションの際も信頼・信用に繋がり、
落札率、入札率が上がります。
posted by 山口裕一郎 at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 古物商許可書の取得について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79171611

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。