今なら「古物市場で使う用語集」と「ネットでは探せない市場リストの入手方法」特別PDFレポート≠無料プレゼントいたします。

お名前
メールアドレス

2007年11月12日

古物商許可証が必要になる場合

古物商許可とは?

古物を売買したり、代行販売したり、交換したりするために
必ず必要になる許可証のことです。

自分の持っている物を売るだけや、
自分が売った物をその人から買い戻すだけなら
この許可は必要ないのです。

この場合、個人売買となります。


業務として買取や販売を行なう場合、
これを怠って古物を売買したときは、
3年以下の懲役または100万円以下の罰金が課せられます。

ですが、個人がフリーマーケットやオークションに出品したり、
自分の持ち物を処分する目的であれば、
この古物許可は必要がありません。

もちろん古物市場の競りに行く時は
この許可証が必要になります。

オークションで多数の商品を扱う場合、
特定商取引法に関する法律に基づく表示が
必要になります。
posted by 山口裕一郎 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

古物仕入れでひと手間加えて稼ぐ

オークションといえば、自作のモノを
出品していらっしゃる方も多くいます。

これは利益率が高い方法です。

自分の得意分野を生かしたもの
必ずしも、作ったものが売れるわけではないけれど
販売されていないものは、高値がつく場合があります。

例えば、絵を描く、工作、裁縫、アクセサリーなどの小物、
布のセンスがある方はファブリックの置物。

古物市場で仕入れて、ひと手間喰われる方法もあります。

電子工作は、得意な方は良いですが
こういったものは、アフターフォローも必要ですし
中途半端での出品は控えたほうが良いと思います。

どちらかというと修理して売るほうがいいです。


良く見かけるのが、プラモデルを綺麗に色付けして
高額で取引されているものです。

エロ系、俗に言うアキバ系は高値になります。


得意分野を生かして、楽しみながら出品してみるのも
良いと思います。
posted by 山口裕一郎 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

古物市場で仕入れて儲ける方法!

こんにちわ。


この特別ブログレポートの著者・現役古物商の山口です。

ご閲覧していただき、ありがとうございました。


このレポートでは一般の人がまだ知らない
古物商についてのアレコレを貴方だけにお伝えします。



一日の取引金額 約200億円

会員数 約500万人


これはヤフーオーククションのデータです。


これだけのマーケットですから
安く仕入れて販売すれば、必ず儲かります!


ヤフオクには購買意欲の高い人が集まっています。



つまり・・・

買いたくてしょうがないのです!!!


飢えた野獣の檻に生肉を投げるような
感覚と同じ!と言えるでしょう。



さらに安く仕入れをすることができれば、
必ず、大きな利益を上げることができます。

安く仕入れをできる場所 = 古物市場





この閉鎖的な市場へ入る事ができれば
仕入れ金額を安くすることがでます。






どうですかぁ〜 古物市場で儲けるなんて簡単でしょ?
ですから、素人さんで全然可能なんです!

あなたにも出来るんです。



沢山の方から取得方法のアドバイスの相談を受けます。


その膨大な指導経験を
PDFファイルにまとめました。

さらに、音声解説もついてます。


これで取得できない人はいないでしょう(断言)

取得して、競りに参加するようになれば
先行きは非常に明るいでしょう。




この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
「読者さんが儲けてWIN-WINになること」です。




最後までお読み頂きありがとうございました!
posted by 山口裕一郎 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 古物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。